2006年05月14日

つくバス 春咲き!第一印象【3】

※この記事は第一部からご覧下さい。第一部へジャンプする

 さて、最初の体験乗車は13コースで帰ったのであるが、約1ヵ月後、4月下旬は、逆に13コースから乗り始めてみる。ていうか、12コースより、13コースのバス停の方が近かったりするからなのであるが。
 こちらは、宝陽台と言う閑静な新興住宅街の中にあるバス停。
 のりのりバスで乗りなれた路線も、宝陽台住宅地内の廻り方が双方同じになったり、若干の変更点がある。
 晴天の住宅街 とつくバス地域循環。コミュニティバスって雰囲気。
→→続きを見る←←

2006年05月11日

つくバス 春咲き!第一印象【2】

※この記事は第一部からご覧下さい。第一部へジャンプする

●センター循環の「復活」と超小型車両

 先ほどまで乗っていた「地域循環」12コースの録音アナウンスでは「地域循環各コース」と「センター循環」と「北部シャトル」の乗り場案内があった。
 「つくばセンター」バスターミナルは乗り場が多いので、これは大変親切である。もっとも、「のりのりバス」時代も一部路線バスの乗り場案内はあったが。

 つくば駅開業で「駅前」になってしまったここつくばセンターからは、一日券がそのまま使えるセンター循環を利用してみることにする。
癖になりそうクセニッツ♪
癖になりそうクセニッツ♪

→→続きを見る←←

つくバス 春咲き!第一印象【1】


●初めてのシステムに少々戸惑う
〜やはり違った「つくバス」


 たまに使うことがあった「のりのりバス」。無料でつくばセンターへ行ける、と言うのが大変大きく、牛久市の牛久駅から歩いて約20分のバス停から利用していた。
 新たな車両、本数を増やして、有料にした「つくバス」に替わり、これは一度体験乗車しておきたい、とバス好き・バス観察者の好奇心のようなものに後押しされるはずだったが、路線も停留所もほとんど変わっていないなら新鮮味がない…「車両が変わっただけじゃないの??」…と思ってしまう出発前だった。
 いやいや、そんなことを言わずに…走り始めてまだ数日のある平日にいつものバス停に向かって行き、ちょっと重い腰を上げて体験乗車をすることに。
 「高見原南」というバス停。路線バスと同じ停留所名になったことは、時刻表などを公式サイトで見たときに知っていた。
 
高見原南バス停
「越路」前から関鉄と同じ場所に移動していた。

 通過時刻が近づいてくると、ん、どきどきしてきたぞ。
 
 生では見た事がない新しいバスが来るわけだし、一日乗車券の買い方もわかっていない。前乗り?それとも土浦「キララちゃん」みたいな中乗り?
券の値段分だけ小銭を用意しておくとスムーズだろう。

 と、そんな時、これ、とわかるバスが、角にやってきて、こちらへ曲がってきた。

 さあ、どちらの扉から乗るのか?? って来て直ぐに前扉が開いた。
→→続きを見る←←
トラックバック・コメントルール(2007.08.05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。