2006年08月27日

鹿島鉄道『熱狂の』100円デー(後)

※初めから観てね。前編へジャンプ!


 常陸小川駅では、古い機関区風荷捌き所跡の建物の中で、存続運動に関する写真展や、手書きパネルの展示などがありました。
 人は多いのですが、なんとなく時間がゆっくり。線路も草が他々生えつつ。
展示会

 常陸小川駅は旧小川町の玄関口ですが、駅舎とは反対側に田園地帯が広がっていて、それは、沿線でも“町”の駅のひとつ、玉造町も同じでした。

 桃浦八木蒔といったあたりは車窓に霞ヶ浦が見えます。日本で二番目に大きい湖だけに、横に広がる感じです。それでも「入」(※2)の部分なんですよね。夕方ですと、湖面に反射する夕日がきれいなんだろうか。なんて想像。

→→続きを見る←←

鹿島鉄道『熱狂の』100円デー(前)

「カシ」、ノリノリ。

100円は、一乗車に止まらず。
お客、乗りノリ。
★サボ(常陸小川)と方向幕(鉾田)が一致してませんね(笑)

 8月27日。茨城県の石岡と鉾田を結ぶ単線非電化鉄道・鹿島鉄道の、廃止反対を主張する各団体のアピール的イベントが行われ、100円で乗り放題の企画が行われました。題して『鹿島鉄道 熱狂の日
 そんな中、あたくす(※1)は、行って参りました。


○実は初めての体験黒ハート
「熱狂」の加勢するぜ??


→→続きを見る←←

2006年08月26日

鹿島鉄道は地域の基盤!

無くすな!鹿島鉄道線
喫茶おとりこみ中。柔軟なヘッダ画シリーズ!

 何なんだ?!「喫茶おとりこみ中。」のよるてぃーです。こんばんは。

 茨城県のちょうど“真ん中らへん”を横断する鹿島鉄道線(石岡〜鉾田)が、既に当「喫茶」記事にもしていますが、「2007年4月」の「廃止届」が出され、何もしなければ、そのまま死にます。
 【喫茶おとりこみ中。2006年3月3日記事「「鹿島鉄道」」
 

○鹿島鉄道線に“援助”
存続基金の寄付予約開始

→→続きを見る←←

2006年08月03日

「都区内・りんかいフリーきっぷ」常磐線へ導入を!

--------------------------------------------------------------------------------
 JR東日本「東京自由乗車券」問題は、2007年1月15日から「都区内・りんかいフリーきっぷ」の常磐線地区への導入が決定となりました。

 署名などみんなの運動の成果です!詳しくは、[こちら]をご覧下さい。(2006年12月22日付け発表)
--------------------------------------------------------------------------------

 
(このバナーを含めて当サイト内のバナーは使えません。)
--------------------------------------------

「『え?』って、いまさら驚かれても」…そう言わず、知っている方もそうでない方も!

 ちょっと!ご覧になっていってくださいませ。

 JR東日本「東京自由乗車券」復活を求める署名運動も、第2次行動「都区内・りんかいフリーきっぷ」の常磐線への導入を求める署名へとなりました。
 今年3月の「東京自由乗車券」の廃止から現在につながる署名運動+議員対JR・国土交通省交渉の流れを簡単に追ってみます。

 本記事下部のリンクから署名用紙がダウンロードできます。ぜひ、どうぞ署名ご協力下さい。

●突然の廃止と“代わりの切符”で地域差別
→→続きを見る←←
トラックバック・コメントルール(2007.08.05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。