2006年09月25日

「都区内・りんかいフリーきっぷ」未導入地区

--------------------------------------------------------------------------------
 JR東日本「東京自由乗車券」問題は、2007年1月15日から「都区内・りんかいフリーきっぷ」の常磐線地区への導入が決定となりました。

 署名などみんなの運動の成果です!詳しくは、[こちら]をご覧下さい。(2006年12月22日付け発表)
--------------------------------------------------------------------------------

JR東日本「フリーきっぷ」
水戸支社の事情?


 旧「東京自由乗車券」発駅設定駅の内、「都区内・りんかいフリーきっぷ」発駅未設定の駅について、簡単に書いておきます。
 この未設定駅には常磐線土浦方面以外の地区もあります。ただし、事情が大きく異なります

 お断りですが「東京自由乗車券」の資料が、我が家の数年前のJR時刻表などわずかであり、全設定駅が書かれていませんので、今回一覧表には出来ませんでした。

青梅方面
 河辺(かべ)―青梅線(東京都青梅市)
 東青梅(ひがしおうめ)―青梅線(東京都青梅市)
 青梅(おうめ)―青梅線(東京都青梅市)

五日市方面
 武蔵五日市(むさしいつかいち)―五日市線(東京都あきる野市)

土浦方面
 佐貫〜牛久〜土浦〜水戸〜いわき (常磐線、茨城県)

 などです。大雑把ですみません。このように「都区内・りんかいフリーきっぷ」は、青梅線・五日市線エリアも外されておりますので、「水戸支社だけ」ではありません。

 また水戸支社管内でも、
水戸線の川島〜下館(3,250円)、新治〜岩瀬(3,790円) は、「都区内・りんかいフリーきっぷ」の発駅設定があり、「水戸支社は導入を見送った」は100%合っていません。

都区内・りんかいフリーきっぷ

 なお、青梅・五日市方面には、以前からある近距離フリーきっぷの都区内フリーきっぷ」が発駅設定されているため、牛久など水戸支社常磐線とは事情が異なっています
 「都区内フリーきっぷ」の常磐線方面の発駅設定は、取手までとなっていまして、あと少しのところでブツ切れ。牛久は丁度“(東京往復の)フリーきっぷ空白地帯”と言えます。

都区内フリーきっぷ

 つまり、佐貫や牛久といった水戸支社常磐線は、どちらのフリーきっぷも導入しなかった、かなりのサービス差別です。

 牛久住民は、ソフトクリームじゃないぞ!!
→→続きを見る←←

2006年09月22日

「JR東日本フリーきっぷ導入を」全会一致で採択

--------------------------------------------------------------------------------
 JR東日本「東京自由乗車券」問題は、2007年1月15日から「都区内・りんかいフリーきっぷ」の常磐線地区への導入が決定となりました。

 署名などみんなの運動の成果です!詳しくは、[こちら]をご覧下さい。(2006年12月22日付け発表)
--------------------------------------------------------------------------------

 JR東日本フリーきっぷの常磐線差別問題での最近の動きです。
--------------------------------------------------------------------------------
この問題とは何?:
 こちらの記事もお読み下さい。
喫茶おとりこみ中。
2006年3月11日東京自由乗車券廃止―露骨な誘導
2006年6月26日「東京自由乗車券」復活署名
2006年8月3日「都区内・りんかいフリーきっぷ」常磐線へ導入を!


 タグ「JR東日本フリーきっぷ問題」からもご覧いただけます。
藤代以北常磐線、水郡線沿線の皆さん、署名にご協力下さい。用紙は下部にあります。
--------------------------------------------------------------------------------
東京自由乗車券に代わるフリーきっぷを常磐線にも!
牛久市長、牛久市議会議長、JR水戸支社訪問


 牛久市と牛久市議会は19日、JR東日本と同水戸支社に、常磐線藤代以北への「都区内・りんかいフリーきっぷ」導入を求めた要望書を提出した。池辺勝幸牛久市長、塚本忍市議会議長ら5人が、JR水戸支社を訪れ直接手渡した。
 同様の要望は、県や関係市町村など5団体が先月24日に提出しているほか、市民1,300人を超える(引用者註:1,365)署名がすでに提出されている。
 同市議会では、現在開かれている定例市議会でJRへの要望を全会一致で議決。塚本議長は「多くの市民の声を実現するため、市議会としての要望。ぜひ導入してもらいたい」と話している。
 同支社は、「状況や実態を見て検討していきたい」というコメントにとどめている。(茨城新聞)

 不謹慎な言葉と承知で例えれば、“JR水戸支社包囲網”ができつつあります。
 「東京自由乗車券」の廃止後「都区内・りんかいフリーきっぷ」を常磐線に導入しないという“サービス差別”は、利用者はいかなる立場であっても歓迎しない。諸団体の要望の類はその現れなんだけどね〜水戸支社殿!
ダイコクブログ。9月22日引用の引用って大丈夫かな?
JRへの要望書全会一致で採択PDF

 茨城県議会の方でも取り上げられています。
→→続きを見る←←
トラックバック・コメントルール(2007.08.05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。