2006年12月25日

運動の力!JR東日本きっぷ差別なくした!

■ブログ、署名、交渉…みんなで完勝!
「都区内・りんかいフリーきっぷ」常磐線地区にも導入!


 JR東日本「東京自由乗車券」問題は、2007年1月15日から「都区内・りんかいフリーきっぷ」の常磐線地区への導入が決定となりました。
 署名などみんなの運動の成果です!

▽路線差別に怒る

 今年3月、JR東日本「東京自由乗車券」がなくなって、“常磐線差別”が発覚した。代わりのきっぷである「都区内・りんかいフリーきっぷ」、藤代〜牛久〜土浦〜石岡〜水戸方面のエリアがはずされたのだ。
 当「喫茶」でも怒りの愚痴言う蔵状態。いやサービスの地域差別は愚痴では済まない酷い話だ。不満をもった利用者の一部は“抜け道割引”を指南する、要望を出すなどなど。

▽市議会議員に打診

 「喫茶」にお出でくださったあるブロガーさんが試みた一つの手段は地元議員への訴え。バーチャルとリンクできない痛い「喫茶」のお茶が見たのは、地元牛久市議の折り込み広報に掲載された意見投稿だったのだ。

▽駅頭署名活動&国会議員が“直談判”

 日本共産党牛久市議員団は署名活動と対JR東日本交渉を買って出た(いやタダで)。「喫茶」は、勝手ながらこの署名のバーチャル呼びかけを行う。大門みきし参議院議員や県内の地方議員とともに、駅頭や各有志が集めた署名4桁分を提出し、直談判。これはニュースになった。

▽全会一致 行政動く

 牛久市議会では全会一致で「フリーきっぷ導入に関する要望書」を議決。茨城県議会でも取り上げられ、知事名でも要望書を出した。牛久市長をはじめ土浦市長、市町村が加盟する団体などが要望に動くなど、自治体・行政を動かしての、JRよ「常磐線をなめるなよ」的な大運動(といって良いと思う)となった。
 共産党の交渉・要望行動は監督官庁である国土交通省まで行っている。

 しかしいい返事がない。一方、“抜け道割引”が面倒くさいながらある程度旅客に浸透するなど、JR東日本水戸支社の思惑(Suicaへのシフト)とは裏腹な状態になっていた。そんな12月下旬に飛び込んできた朗報だった。

▽市民の声 JR交渉が巨大企業を動かす

 署名を書いてくださった皆さん、利用者の声が巨大企業を動かしました。
 署名に応じてくださった皆さん、署名を集約してくださった皆さんに、“ウェブ上の勝手な署名呼びかけ人”として、お礼を申し上げます。
 ありがとうございました。その力で動きました。これは利用者市民の運動の完勝です。

 利用者市民の、インターネットと言うバーチャルとリアル運動が噛み合いました。やりましたね!!

 関係議員のみなさんや自治体機関の各種働きかけは、大変力強い民意の代弁となったすばらしい連係プレーでした。

 よかった!!うれしい、負け続きだったから、本当にうれしい。

 
喫茶おとりこみ中。 よるの黒茶 2006年12月24日


 常磐線フリーきっぷ差別解消は、利用者市民運動があったから勝ち取れたのだということを強調しておきます。

→→続きを見る←←

2006年12月23日

【速報】常磐線:都区内・りんかいフリーきっぷ導入

★【JR常磐線】「東京自由乗車券」に代わるきっぷが出ます!!!

 ⇒ダイコクブログ12月22日

※市議さん掲示確認済みです。しかし、私の時間がない!!!!!
 あす以降書きます!!ごめんね。

 とりあえず、市民とブロガーの勝利です。やりました。!!
トラックバック・コメントルール(2007.08.05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。