路線バス関係リンク
リンク
◎:相互リンク ○:相互言及 ★:よるの黒茶公式
公開RSSリーダー

2006年05月11日

つくバス 春咲き!第一印象【2】

※この記事は第一部からご覧下さい。第一部へジャンプする

●センター循環の「復活」と超小型車両

 先ほどまで乗っていた「地域循環」12コースの録音アナウンスでは「地域循環各コース」と「センター循環」と「北部シャトル」の乗り場案内があった。
 「つくばセンター」バスターミナルは乗り場が多いので、これは大変親切である。もっとも、「のりのりバス」時代も一部路線バスの乗り場案内はあったが。

 つくば駅開業で「駅前」になってしまったここつくばセンターからは、一日券がそのまま使えるセンター循環を利用してみることにする。
癖になりそうクセニッツ♪
癖になりそうクセニッツ♪

 「センター循環」の車両は「地域循環」とは異なり、超ミニ低床車両である。龍ケ崎市でも使用されている欧州車である。
 
 なお、このセンター循環は、以前「つくつくバス」というコミュニティバスの「センター地区循環」であったものが、一度廃止され、つくバス開業で復活した形である。つくばセンター(バスターミナル)を基点に八の字運行する。なので、つくばセンターからは両廻り合わせて、4方向に出てしまうことになり、私は北方面へ行きたいのだが、北ならばどちら廻りでもかまわないとしても、南方面が同じ乗り場に同じ車両でやってくるから厄介である。
 つくつくバス時代に要望があり、乗り場を分離させた経緯があるにもかかわらず、同じ乗り場であったことが残念である(※この日現在)。
センター循環乗り場@つくばセンター

 一度間違えそうになった。でもちゃんと乗れた。
クセニッツ〜
センター循環 イメージ画像

 私の他に0人である。

 まだ走り始めて数日。一度廃止、短距離、一般路線も近接する、などなどさまざまな要因を想像できる。
 確かにバスターミナルから、メディカルセンターまではバスとしては遠くない。筑波大学循環バスもあるし、自転車もある。が、この「センター循環」はバスターミナル基準で考えず、北方面→南方面と、バスターミナルを超えた移動に使うと便利ではないか。たとえばメディカルセンターから電気街へ行く際にいいじゃない、と沿線関係者向けに言っておきます。
 私等「地域循環」利用者にとっては、一日券で実質無料になるし、これから他の人も足として使ってほしいのだが、今ひとつ、乗りにくい感もあるよね。バスターミナルで見ていると、小さい車体なのにスピード感、みたいな、直ぐ逃げて行ってしまうような“ゆとり”のなさ。

 ていうか、車窓景色が低い。地面に座っているかのようである。低床だから当たり前なのだけど。
クセニッツ〜

●運転士の客扱いの丁寧さ 12、9、13

 「センター循環」北方面を途中で降りて、春日公民館方面へ歩いてみる。春日は、つくつくバス春日近隣シャトルが、つくバス開業とともに廃止されている。
 センター地区隣接の住宅街で、集合住宅もある。
 つくバスでは、「地域循環」の9コースが2丁目にある春日公民館を通る。
 その前に、降りたバス停では、私の乗ってきたセンター循環の小さなバスを見て、「あ、あれもあるんじゃないの?」みたいな、予定外のバスに気付いたものの、反対側で見送った親子連れと思われる人々を見た。まだまだ定着とは程遠い、と感じた。

 で、春日公民館。結構歩くな、と感じる。春日公民館まで、郊外の感覚ではそれほど遠くはない距離であるけど、住宅地内を循環していたバス廃止によって、春日のバス離れが心配である。ていうか、利用客が少なかったんだろうか。人口は多いが。

 時間が結構あったので、9コース経路を谷田部庁舎方面へ歩いて進んでみた。
 春日二丁目南。およそ10分遅れできた9コースに乗って、谷田部庁舎へ向かうことにする。
きた!紫色の地域循環
 
 今回の便の運転士は、非常に丁寧であった。停留所ごとに肉声で降りる人がいないか呼びかけたり、信号停止などでも知らせている。ヘッドセットマイクフル活用である。テレビで観た東京の某民営バスと違って、茨城県ではほとんどみたことがない光景であった(笑)
 高齢者の方々も何人か乗っていたため、より丁寧であったのか。

 12コースと9コースで共通して
・乗客が席についてから確認して発車するゆとり
・肉声での補足アナウンス
・「ありがとうございました」

 これらから、明らかに、高齢者、障害者向けでもあるバス運転士としての研修が行われたものと見る。

つくバス地域循環@谷田部車庫

 このあと利用することになる13コースでは、路面状態が良くない揺れる箇所まで注意喚起のアナウンスまで行っていて、この丁寧さ、親切なサービスは悪くない。
 また開業前から新規募集を行ったため、若い運転士も少なくなかった。

 なお、谷田部庁舎までの9コースは、苅間宮本西大橋西山中学園台中央科学万博記念公園と経由する。住宅地から古い集落、家の見当たらないエリア、道の狭い住宅地、工業団地と変化に富んだ沿線風景であった。 丁度万博公園の桜も満開で、お花見客が多かったけど、車ばっかり…。
 バスは、庁舎前を素通りして、谷田部老人福祉センターを先に回ってからの谷田部庁舎終点。
 センター〜谷田部庁舎間は、いくつかのコースと経路があるが、9コースの今回の経路は初めてで、景色も楽しめた他、後部座席の三段階段状の部分には、段差を知らせるため光ることに気が付く。
黄色の部分のすぐ上の細い部分が、停車時に点滅する。
黄色の部分のすぐ上の細い部分が、停車時に点滅する。段差警告。
※この写真は光っていない時に撮影したもの。


次へ
田んぼのあぜ道?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
トラックバック・コメントルール(2007.08.05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。