2007年05月11日

(7)旧駅バスターミナル存在は重要?

※1から続いています。



〜鹿島鉄道代替バス フリーきっぷの旅(7)少し考える編〜
●旧駅バスターミナル存在は重要?

 ちょっと訂正かもしれない。常陸小川や玉造町で、駅が無いのに駅構内(駅前広場)にバスが入るのは変だと前に書いた。
 それなんだけど、玉造駅でもその日は仮設であったけど、小川駅でも、行き帰りの2度通ったのみではあるが、見た限りこういった「かつての駅」での乗降があり、全体としてもこれら「主要駅」バス停の乗降が目立った。

 玉造工業高校もそう。こちらは駅構内ではないが、榎本駅のそばなのである。

 これは何を意味するのだろう?鉄道駅時代からの習慣、駅に行けば乗れるという長年の感覚から来るものなのか。
 パーク&ライド、キス&ライドなのか?鉾田駅では後者を1件見かけたが(親戚訪問かなあ?)。毎日観察したわけではないので、はっきりしたことはわからない。
「鉾田駅」の場所

 今のところ、たとえ町外れの「駅」でも、「駅」の利用はあるということがわかった。そうなると小川「駅」や玉造「駅」の「駅前」の価値はあるのかも知れない。

 と言うか、旧駅対応停留所以外の停留所の乗降は意外なほど少なかった。

●車両・座席が悪い―路線長に合わない近距離用バス

→→続きを見る←←

2007年05月10日

(6)復路車窓アルバム/石岡でやはり渋滞

※1から続いています。



〜鹿島鉄道代替バス フリーきっぷの旅(6)〜
【復路車窓アルバム】

●浜の撮影地を代替バスから

浜の撮影地を代替バスから(2007年5月上旬、向きご容赦)※向きご容赦

●旧・小川高校下駅の存続イラストと代替バス

小川高校下駅跡を代替バスから
代替バス車中から見る旧・小川高校下駅ホームの高校生制作の存続メッセージ。行きに見逃したので、帰りに撮ってみた。

●玉里駅跡と代替バス 2回目

玉里駅跡と代替バス(2007年5月上旬)

●東田中の元踏切と駅跡 2回目

東田中駅跡と代替バス(2007年5月上旬)

●南台で旧・鹿島鉄道線をくぐる

石岡南台〜石岡間の旧鹿島鉄道橋梁をくぐる代替バス


●やはり…石岡口で渋滞に遭う

→→続きを見る←←

(5)世界が違う?「霞ヶ浦ふれあいランド」と玉造の祭り

※1から続いています。



〜鹿島鉄道代替バス フリーきっぷの旅(5)〜

 鉾田駅から再び来た道を石岡駅行き。車窓ということもあって2度目の茨城交通バス車庫はこちらの通りでうまくいかなかったが、補正をして公開。
茨城交通の鉾田のバス車庫は塔ヶ崎
 普段県南専門の人間にとっては、茨城交通のバスの塗色は新鮮である。

●「霞ヶ浦ふれあいランド」は別世界?

 鹿島鉄道代替バスしか使わないとするとちょっと歩くのであるが、玉造の「霞ヶ浦ふれあいランド」に寄ってきた。まあ、車社会化推進しているとも言えるこの施設、小さなこども含む家族連れが多く、非常に賑わっていた。世界がちょっと違う。

 私は「こいのぼり」という代物は家父長制・上下関係を表しているようで嫌いなんであるが、青空をバックにそびえる「虹の塔」から張られたロープに引っ掛かり風になびくその光景は、景色としてはなかなか壮観であった。
霞ヶ浦ふれあいランド虹の塔と鯉幟(2007年5月祝日)
→→続きを見る←←

2007年05月09日

(3)新鉾田まで歩いて実感する、非接続という不親切

※1から続いています。



〜鹿島鉄道代替バス フリーきっぷの旅(3)〜
●新鉾田まで歩いて実感する、非接続という不親切

 鉾田駅から市街地中央にある橋付近までは前に来たことがあるのであるが、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線・新鉾田駅へは行ったことがない。この日は行ってみようと、「鉾田駅」を出て持ってきた地図を見つつ、角を何回か曲がって進んでみるのであるが、案内標識は無いに等しく、これに関しては余所者に親切とは言えない。
鉾田市街(2007年5月上旬)
→→続きを見る←←

2007年05月08日

鹿島鉄道代替バス フリーきっぷの旅(2)

※1から続いています。



●玉造市街を行く
玉造市街に入る鹿島鉄道代替バス
 当たり前であるがバスは普通、道路を走るので、町の様子がわかる。
 玉造は小さな店が並ぶ街であって、鉄道ではわからない街の様子を見ることが出来た。鉄道線は町の外れに駅があったから、皮肉な話か。
 運転士の説明によると今日は祭りのために「玉造駅」(ここも駅構内=駅前広場に乗り入れるバス停であることはわかっている)には入らず、郵便局前の仮設が玉造駅停留所。
 市街各所には祭り山車とか祭りの準備光景が見える。駅前通りは露店がずらりと並んでいたよ。(この日は帰路も同じ代替バスで、途中下車します)
→→続きを見る←←
トラックバック・コメントルール(2007.08.05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。