2007年05月07日

鹿島鉄道代替バス フリーきっぷの旅(1)

GW限定1日フリーきっぷで行く
鹿島鉄道代替バスの「旅」?「視察」?「趣味」?


 気になっていた鹿島鉄道線廃止に伴う代替バスを観察する必要があったが、関鉄グリーンバス「鹿島鉄道代替バス1日フリーきっぷ」がいわゆるゴールデンウィークに出たことで、4月1日廃止・代替バス開始以降、この日まで先延ばししてしまっていた。
 連休では通学事情は見ることが出来ないわけであるが、休日でも鉄道線営業末期と比べてファンが少ないので、地元住民の動向が少し見えてきたし、無駄ではなかった。“百聞は一乗車にしかず”を肌で感じる、バス乗車記。新緑の季節の旅でもある。

●寂しい乗換駅(石岡)

 2007年5月上旬のある祝日。なかなかの初夏のような気候。活動するのには最適。
 連休中とは言え、なんだか変な混み具合のJR常磐線普通列車であった。石岡まで立っていたぞ。連休であるがグリーン車利用は少ない。グリーン車が普通車であれば…。
 そんなこんなで石岡、JR列車でも「のりかえアナウンス」もドア上LEDの「のりかえ案内」もない。鹿島鉄道線は、JR的には消えた交通機関なのか?私はこれからその代替バスに乗り鉾田まで行くために降りるのである。
 石岡駅、鹿島鉄道ホームに屋根も無く…線路も無く。しかしJR乗客の中には、鹿島鉄道線の経緯を知らない人もいるみたいで、保存留置(?)されている鹿島鉄道の古い気動車が珍しいようである。

●駅とは別にある石岡駅バスターミナルから

 「喫茶(バスカテゴリ)」では、ご存知石岡駅バスターミナル。
 駅舎を出て左へ進むと立派なコンクリート造りがあるところである。
 鹿島鉄道代替バスは駅舎から一番遠い3番のりば。
 観光っぽい格好の人が何人か見える。
 乗り場から離れて待機していた「鉾田駅」行きバスは、3番のりばに横付けした。
 待機中に運転士に尋ねるお客もいた。「乗り場に来ないまま発車しちゃいそうな、だとするとやばいぞ」的な不安からか。牛久市コミュニティバス「かっぱ号」は牛久駅東口バスターミナルでは、のりばホームから離れて客扱いすることがあるからね。“暗黙のルール”が旅人には怖いよな。
 石岡駅BT3番のりば 鹿島鉄道代替バス 側面 鹿島鉄道代替バス
これからはじまる75分の旅

 初の代替バス乗車。普通の一般路線バス車両である。
 私の場合、だいたい出かけると色々写真を撮るので案外時間がない。ここも時間的に列車接続しているようなので。
 で、乗車開始後の車内では、フリーきっぷもいれば、普通運賃の額を尋ねているお客も(フリーきっぷとどちらが安いのかということなのかもしれない)。
 私はフリーきっぷを発車前入手した。運転士はこれに日付スタンプを押すという手間がある。
 運賃問合せやフリーきっぷ発券、そしてなぜかある客の待ちを経て定刻より約5分遅れで発車した。
→→続きを見る←←

2006年05月14日

つくバス 春咲き!第一印象【3】

※この記事は第一部からご覧下さい。第一部へジャンプする

 さて、最初の体験乗車は13コースで帰ったのであるが、約1ヵ月後、4月下旬は、逆に13コースから乗り始めてみる。ていうか、12コースより、13コースのバス停の方が近かったりするからなのであるが。
 こちらは、宝陽台と言う閑静な新興住宅街の中にあるバス停。
 のりのりバスで乗りなれた路線も、宝陽台住宅地内の廻り方が双方同じになったり、若干の変更点がある。
 晴天の住宅街 とつくバス地域循環。コミュニティバスって雰囲気。
→→続きを見る←←

2006年05月11日

つくバス 春咲き!第一印象【2】

※この記事は第一部からご覧下さい。第一部へジャンプする

●センター循環の「復活」と超小型車両

 先ほどまで乗っていた「地域循環」12コースの録音アナウンスでは「地域循環各コース」と「センター循環」と「北部シャトル」の乗り場案内があった。
 「つくばセンター」バスターミナルは乗り場が多いので、これは大変親切である。もっとも、「のりのりバス」時代も一部路線バスの乗り場案内はあったが。

 つくば駅開業で「駅前」になってしまったここつくばセンターからは、一日券がそのまま使えるセンター循環を利用してみることにする。
癖になりそうクセニッツ♪
癖になりそうクセニッツ♪

→→続きを見る←←

つくバス 春咲き!第一印象【1】


●初めてのシステムに少々戸惑う
〜やはり違った「つくバス」


 たまに使うことがあった「のりのりバス」。無料でつくばセンターへ行ける、と言うのが大変大きく、牛久市の牛久駅から歩いて約20分のバス停から利用していた。
 新たな車両、本数を増やして、有料にした「つくバス」に替わり、これは一度体験乗車しておきたい、とバス好き・バス観察者の好奇心のようなものに後押しされるはずだったが、路線も停留所もほとんど変わっていないなら新鮮味がない…「車両が変わっただけじゃないの??」…と思ってしまう出発前だった。
 いやいや、そんなことを言わずに…走り始めてまだ数日のある平日にいつものバス停に向かって行き、ちょっと重い腰を上げて体験乗車をすることに。
 「高見原南」というバス停。路線バスと同じ停留所名になったことは、時刻表などを公式サイトで見たときに知っていた。
 
高見原南バス停
「越路」前から関鉄と同じ場所に移動していた。

 通過時刻が近づいてくると、ん、どきどきしてきたぞ。
 
 生では見た事がない新しいバスが来るわけだし、一日乗車券の買い方もわかっていない。前乗り?それとも土浦「キララちゃん」みたいな中乗り?
券の値段分だけ小銭を用意しておくとスムーズだろう。

 と、そんな時、これ、とわかるバスが、角にやってきて、こちらへ曲がってきた。

 さあ、どちらの扉から乗るのか?? って来て直ぐに前扉が開いた。
→→続きを見る←←

2006年04月11日

やっぱり違う…「つくバス」

わけあって、予定していたものすらアップできない状況でして、ホントすみません。
●つくバス 第一印象⇒そのうちまとめます
●よるてぃー公式サイト新URL(構築中)⇒http://www.k4.dion.ne.jp/~mandt/※今月中に移行します。今日時点ではトップ程度です。
------------------------------------------------------------------

つくバスの画像見たい人、集まれ〜!

全然いなかったりして(笑)※←そんなこと書くなよ いまいちじゃないか

つくバス 地域循環の車両。方向幕様式に注目
つくバス 地域循環の車両。方向幕様式に注目
↓↓↓
早速、つくバス初取材の画像を見る
トラックバック・コメントルール(2007.08.05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。